日商簿記検定1級への道①

今日から新しいチャレンジとして、簿記の勉強を始めようと思います。

商工会議所のホームページにはこのようにあります。

「簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」

??

よくわかりませんね。

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、
財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。

私は、普段から株式投資も少々しておりますが、
本来は損益計算書や貸借対照表をしっかり理解して、
その会社の経営状態を把握できないといけません・・・

が、全く理解できておりません。。。

このままではいけないと思いながらも、実際に何をすれば理解できるようになるのかも分かりませんでした。

学生時代から、勉強すべきことは常に目の前に現れてきましたが、
これまで、お金に関する教育は受けたことがありません。

きっと多くの方がそうだと思います。

大切なことのはずですが、日本ではお金はタブーのように扱われます。

「学問に王道なし」

「絶対もうかる~~」などの、よく見かけるあんちょこ本の知識は卒業して、
 基礎から経済や法律を学んでいきたいと思います。

本業の邪魔にならない範囲で・・・。

目指せ簿記1級!

目標があったほうが勉強しやすいので、以下を受けていきます。
・簿記3級⇒2級⇒1級!!
・ファイナンシャルプランナー3級⇒2級⇒1級!!!
随時、勉強記録を残していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です