家庭菜園初心者の奮闘記⑤青しそ間引かれる

嫁です。青しそさんの運命やいかに・・・

5月初旬、我が家のベランダに新しい命を吹き込みました。ミニトマトと青しそです。菜園キットを使用し、種まき・発芽・間引きの過程を見守ってきました。

前回、ミニトマトの間引き(植え替え)を終え、次なるミッションは青しその間引きです!

育成方針

24日目までの我が家の育成方針はこちらです。

  • 優しく見守る
  • 毎日の水やりは止めて、土が乾いたら水やり!で根腐れを防ぐ
  • 青しそは葉が4~5枚になったら間引き・追肥を行う

青しそ成長記録

青しそはミニトマトよりは成長がゆっくりなようですが、毎日確実に歩を進めております。15日目にようやく発芽し、24日目には6つの赤ちゃんが葉をつけてくれました。

26日目

子葉、本葉とつづき、成長点付近に新たな葉っぱがのぞいてきました。同じ種からでも形の違う葉が出てくるのがおもしろいですね。

キットの説明書には「葉が4~5枚になったら間引きをし」と書いてあるので、そろそろときが来たのでしょうか!!

29日目

毎朝、会うたびに成長を遂げてくれ、観察日記にも精が出ます。最初に発芽した苗はお父さんみたいに大きいです。

でもいよいよ窮屈そうです。
よし、間引きしよう。じゃなくて植え替えよう。

青しその間引き

ミニトマトさんで学んだ間引きのポイントをおさらいです。

間引きのポイント
  • 根が乾燥しないように露出を防ぐ
  • 植え替え直後は水をたっぷり、その後乾燥気味に根腐れを防ぐ
  • 直後はストレス控えめに直射日光は避ける

せっかく発芽してくれたので・・・やはり間引けません。

なのでミニトマトと同じく、別の鉢に植え替えます。

なんか見たことある鉢だなー

そうです。ミニトマトさんがいなくなったあの鉢を再利用です。
勿体ない精神吉とでるか・・・凶とでるか・・・

最初に青しそを種まきしたときと同じく、2か所に穴を開け、苗を優しく植え替えます。

追肥を置いて、水やりたーっぷり。

左の鉢の左端はまだ密集していますが、まだまだ赤ちゃんなので、様子をみます。

ミニトマト成長記録

21日目に植え替えを行い、まだ枯れることなく、頑張ってくれています。葉っぱがトマトのにおいがして、こどもながらパワーを感じます。

24日目

植え替えのストレスにも負けず、ぐんぐんと成長を遂げています。ひょろひょろだった茎もしっかり太く産毛を確認できるようになりました。

28日目

俯瞰図からの拡大です。

新しい土とプランター、気に入ってくれたかな?
もーっともっと伸びろー♪

結果

  • 青しそは29日目に葉が6枚となり、植え替え・追肥
  • ミニトマトは植え替え後も順調に成長

考察

ミニトマトで植え替えを一度経験した分、青しその植え替えは段取りよく行えました。植え替え直後も直射日光を避け、ストレスを最小に努めました。

しかし苗が密集しており、根がミニトマトよりもか細いものだったので、ちぎれてしまったのではないかと、今でも不安がぬぐえません・・・

そしてミニトマトで使った鉢を再利用してもよかったのか??

野菜作りの命は土づくり

そんな言葉がTVからちょうどよく私の耳に聞こえてきました。私が言われたのか・・・土を再利用した私を見ていたのか・・・今となっては祈りましょう。青しそさんの生命力を。

今後の方針

  • 毎日の水やりは止めて、土が乾いたら水やりで根腐れを防ぐ
  • 梅雨のジメジメを乗り切るため、晴れの日は日差しをたっぷり

とうとうキット附属の説明書の手順を全て乗り越えました。
その後は収穫まで省略されており、手探りで進めていくしかありません。

まずは観察を続け、植物さんの声に耳を傾け、いろいろ教えてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です