京都、大阪、石川旅行⑨ ランプの宿~

嫁です。

車を走らせ、いつの間にか能登半島の突先へ。
寄り道しながら金沢から約4時間
長時間にも思えますが、二人のドライブは飽きないもので、楽しい時間です。
とうとう、ぴょこんと飛び出た半島のさらに最先端へやってきました。

本日のお宿は「よしが浦温泉 ランプの宿」です。
珠洲岬にある450年続く秘湯の一軒宿です。
ガイドブックで一目ぼれして、いつか行ってみたい憧れのお宿でした。

周辺の海域で寒流と暖流が交わり、パワースポットとしても有名だそうです。
宿の上にはスカイバードと名のついた、ヘルメットをつけて歩く空中展望台もあります。
宿に泊まらなくても景色を体験できるみたいです。

私たち夫婦は信仰心に欠けるためか、
パワースポットにはあまり心惹かれません(笑)
写真だけ取ってお宿に向かいます。

展望台や土産店の駐車場に車を置いて、ここからは宿の車で送迎してくださいました。

凡人の運転技術では辿り着けない、
急勾配なでこぼこ道にヘアピンカーブ、まるで登山鉄道のような走行でした。

到着~♪

離れの特別室を予約してくれたので、ここで降ろしてもらって、ランプの廊下を進みます。
どきどき・・・

一棟貸し切りの露天風呂付特別室、浜の離宮
部屋に入ると早速ランプがお出迎えです。

通常本館で行うチェックインもお部屋で行ってくださいました。

ランプの宿」ですが、ちゃんと電気は通ってます。
エアコンも、ヒーターもあって暖かいです。
TVはありませんが、フリーWiFi完備です。
冷蔵庫もありましたー

お部屋からも日本海の景色を独り占めです。

階段を上ると寝室がありました。
ツインのベッドをくっつけてあります。
北陸だからか布団がいっぱい。この下にも毛布やら薄布団やら、やたら重たかったです(笑)

二階からの景色です。
身を乗り出し過ぎると本館の方に人が見えます。
あぶないあぶない。

分かりにくいですがお風呂です。
ヒノキの香に癒されます。

お部屋を抜け出して明るいうちに探検します。
離れの貸し切り露天風呂。
竜宮城みたい。

ちなみにさっきからちらちら移る青い池、
温泉ではありません(笑)
夏場はプールにもなるようですが、今は11月・・・。
決して入れないからね!旦那さん。

こちらは喫茶コーナー、夜にはお酒を飲めるBARコーナーに変身します。

階段を上っていくと・・・

景色を見ながら、ほっと一息つけるラウンジになってました。
フリースペース「波の音
9時頃~17時までコーヒーのサービスがあります。

まだまだつづきますー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です