横浜旅行④ 横浜美術館ルノワール展~

嫁です。とうとう美術館、どきどきして前日は寝られなかった・・・気がします。

横浜美術館

概要

横浜美術館開館30周年を迎えています。
設計は丹下健三さん。シンメトリーの玄関がどーんとそびえ立っています。
一歩踏み入れると吹き抜けのエントランス、グランドギャラリーが広がります。

今回、初めて訪れましたが建物だけでも素敵なところですね。
既に楽しい

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

アクセス

みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい駅」3番出口から徒歩3分
JR、横浜市営地下鉄「桜木町駅」から動く歩道を利用し徒歩10分

ホテルはみなとみらい駅直結だったので歩いてすぐでした。
便利なところに予約してくれて、さすがのチョイスです、旦那さん。

特別展

オランジュリー美術館コレクション
ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

なんとこの展覧会、巡回しないのです。わがまま言って、はるばる飛行機で連れてきてもらいました。へへ。

パリ、モネが描いた「睡蓮」の間で有名な「オランジュリー美術館」の改修にあたり、約70点が21年振りに来日する貴重な機会です。
もちろんフランス行きました。オランジュリー行きました。
あの感動を日本で味わえるなんて、これは見逃せないのです。

入館・チケット料金

開館は10:00~
ちょっとだけ旦那さんに遠慮して(笑)9:30過ぎにチェックアウトしました。
まっしぐらに美術館へテクテク・・・
開館前に到着!

なのに・・・

既に美術館の入り口には長蛇の列がありました。
油断してたー。

一般:1700円
ちなみに現金のみの対応でした。

音声ガイド

上白石萌音さんがナビゲーターです。
そしてルノワールの作品にちなみ?、ピアニストの方の演奏がBGMで流れて心地よいひとときでした。
1台550円

13人の画家たち

タイトルにもなっているので紹介します。
ルノワールモネルソーセザンヌピカソモディリアーニマティスユトリロスーティンシスレードランヴァン・ドンゲンローランサン
有名どころが並びますね。

おすすめ作品

なんと言ってもこれ!
オーギュスト・ルノワールの「ピアノを弾く少女たち

私に美術の入り口を教えてくれた大好きな1枚です。
ピアノの音色が聞こえてきますね♪

もう一枚は
アンリ・マティスの「ブドワール(女性の私室)
赤や緑、黄色の原色のイメージが強かったのですが、パステルな色使いに驚きました。

いやー大満足。
すごく楽しかったです。

一応、旅行記まだつづきますー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です