JGC修行 ~福岡・宮崎ピストン編~

JGCとは

 JALには、上級会員向けに特別なサービスを受けられる「JALグローバルクラブ」があります。
嬉しいサービスとしては、サクララウンジの利用、専用カウンターでのチェックイン、専用の保安検査場の利用、機内への優先搭乗、到着時の荷物の優先受け取りなどです。

  JGC修行とは、この「JALグローバルクラブ」への加入するために何度もJAL便に乗ることです。
 1月~12月の一年間で、搭乗実績が一定のレベルに達すると加入資格が得られます。

 JGCへの入会には2つの方法があります。

•50,000FOP以上を貯める(うちJALグループ便の搭乗で25,000FOP)
•50回搭乗(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FOP以上貯める

 距離か回数か。

 ANAでは、距離でSFCになったのでJGCは回数目指すことにしました。

修行記録

  2019年、4月某日 回数修行僧の聖地と言われる福岡空港に降り立ち孤独な闘いを始めました

 まずは、チェックインカウンターに向かいます。普段なら、JALカードで通過できますが、特殊な乗り方でもあり、紙で搭乗券を発券してもらいます。

 さすが聖地であり、同様の事情の方が多いようで、チェックイン時にもスムーズに話が進みました。 まずは、1レグ目。AM7:10 福岡空港発です。福岡宮崎空港間のフライト時間は約50分。AM7:55 宮崎空港着です。宮崎空港での滞在時間は30分。AM8:25に、福岡空港にむけて出発です。同一機材での折り返しのため、遅延で乗り遅れることもありません。距離、価格、効率といい、聖地といわれる所以です。最大1日に5往復できます(私は4往復が限界でした。)保安検査場から出ることなく、次の便を待ちます。

最大1日に5往復できます(私は4往復が限界でした・・・)

 保安検査場を出ていては、間に合わないため、着陸時のアナウンスで客室乗務員の方が、乗り継ぎ(?)を案内してくれます。

宮崎空港からのお客様で~宮崎空港に乗り継ぎされるお客様~お近くの客室乗務員にお声かけください。」

 意を決して声をかけます。こちらでお待ちください、と大勢が下りていくのを横目に待ちます。みんなチラチラこちらをみます。・・・そうか、これが修行と言われる所以かと。。


 気が付くと・・・5人ほどが集まりました。みんな少し恥ずかしそうでした。
 きっと私も同じ顔をしていたのでしょう。
 スタッフに連れられて歩きながら、仲間がいた安堵感からみんなうれしそうでした。

 上記を繰り返すこと、2日間で8往復。その後、仕事で名古屋行きを入れて17レグ達成です。

 頑張った(?)ご褒美に、客室乗務員の方から、メッセージカードと飛行機のおもちゃをいただきました。今も自宅に

  

 <今後 福岡宮崎ピストン修行をされるの方へ>

メリット
・福岡宮崎間は最安値で6500円。
・最大1日5往復(10レグ)可能。同一機材での往復を選べば遅延リスクなし。
・費用および効率の面からは非常に優秀な路線。
・修行僧が多く、空港職員も事情を知っておりスムーズに事が進む。

デメリット
・単調。
・客室乗務員には修行僧であることはばれている。若干恥ずかしい。
・早く降りすぎると乗り継ぎ(?)案内されずに、外に出てしまう(再度保安検査場通ることになると時間ぎりぎり)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です